企業システム開発のポイント

システム開発の要は、かける費用や技術の高さではなく、コミュニケーションの質と量にあります。

企業システム開発のポイント
企業システム開発のポイント

システム開発時のコミュニケーションの重要性

システム開発にとって、最も大事な要となるポイントは、そこにかける費用や、ベンダーの持っている技術の高さではなく、クライアントとベンダーの間でとられるコミュニケーションの質と量にあります。ある事例を紹介しましょう。とある流通企業が大手IT開発会社に新規の開発案件を依頼したところ、開発側に対して「売り上げ」という言葉の意味が正しく伝わらなかったということがありました。一見すると誰でも分かる言葉と思われるかもしれませんが、実際には「どの時点で売り上げとみなすのか」といったことについては、その業界分野における業務知識がないと正しい会計処理をすることはできません。この誤解が開発途中に発覚し、修正にかかる負担が非常に大きなものになってしまいました。結局、この企業は開発を中止し、外注をやめて現場の人たちで自社開発することになりました。

このような事例は何も珍しいことではなく、それどころかよく聞かれる話でさえあります。システム開発についてはいろいろと選択肢がありますが、開発会社にに頼むしかない場合も確かに多いものの、企業や案件の内容によっては、自社開発やその他の方法があるかもしれません。しかしどのような方法を採用したとしても、結局のところ、コミュニケーションの質と量を向上させることが一番の要となってきます。

システム・セキュリティやシステムの参考になるネタは深く知るならココでチェック☆

Copyright (C)2017企業システム開発のポイント.All rights reserved.