企業システム開発のポイント

システム開発に限らず、人材不足はどの分野でも深刻な問題です。早急に育成や教育に力を入れる必要があります。

企業システム開発のポイント
企業システム開発のポイント

システム開発企業と人材の育成

システム開発現場における問題のひとつとして、技術者不足が深刻なものとなってきています。長年の不況からようやく脱しつつある日本の経済状況において、これからどんどんと企業が成長していくという潮流が生まれつつある状況では、この問題は致命的なものとなりかねない大きなリスク要因と言うことができるでしょう。長年続いたデフレ不況は、経営者に対して、本来は将来のビジネス成長に向けて、人材に対して行われるべきであった投資を鈍らせてきてしまいました。その結果として、IT企業の開発者の育成に遅れが生じ、それが開発期間や費用にも影響を及ぼしているとうい事態を生じさせています。

情報サービス産業協会の調査で「人材育成のための投資が売上高の0.5%未満」というIT企業が全体の7割を占めていることが明らかとなりました。この数値は、まったく教育をしていないと考えて良いものです。新しい技術や開発方法が出てきているのに、それを企業として取り込もうとは考えていないように見えます。これはまた新しいスキルの習得はもっぱら個人任せということになっていることも表しています。

IT業界に限らず他の産業分野においても、人材不足は目下の緊急課題となっています。特にシステム開発者については、一人前になるために長い時間が必要になってくることから、なるべく早期に教育について国や各企業で取り組んでいく必要があります。

システム・セキュリティやシステムの参考になるネタは深く知るならココでチェック☆

Copyright (C)2017企業システム開発のポイント.All rights reserved.