企業システム開発のポイント

以前勤務していた企業の社内システムの仕組みについて考えてみました。工夫を凝らした仕組みになっていたようです。

企業システム開発のポイント
企業システム開発のポイント

社内システムを独自に作るということ。

以前勤務していた企業で利用していた社内システムについて、よく見直しを行い、自分の技術として活かせるようにと思い、思考を巡らせました。そのシステムには、最新技術と呼ばれる技術が多く詰まっており、工夫を凝らした設計になっていたことが分かりました。

私が使ったのは、小売業の販売職に必要なシステムでした。クラウド化と呼ばれる技術を取り込み、PCに負担をかけにくいサービスを構築していましたのではないか、という推測です。システムは全て一から作成されていました。オリジナルのサービスを企業で独自に作っていたようです。最初は、OSにソフトウェアをインストールさせ、それを動かして必要なデータだけをネットワーク回線を使用して送信していたのかと思っていたのですが、今考えると、OS起動後に一からシステムを起動させる手間が一切なかったため、ネットワークを利用して自動的にクラウドサービスを提供し、システムを利用した際に入力されたデータを、データベース管理者が動的に管理しやすい環境になっていたのではないか、と考えています。

しかしながら、端末自体に具体的なセキュリティ対策を行っていたようには見えず、真実の程は定かではありません。

システム・セキュリティやシステムの参考になるネタは深く知るならココでチェック☆

Copyright (C)2017企業システム開発のポイント.All rights reserved.